So-net無料ブログ作成
検索選択

たかが盲腸、されど盲腸 [救急医療]

  ↓ポチッとランキングにご協力を m(_ _)m

急性虫垂炎、俗称 盲腸 ・・・・・・ 一般の方々は、たかが盲腸と考えてはいないだろうか? だから、最初の医師が虫垂炎の診断に至らず、後医によって虫垂炎の診断がなされたとき、一部の一般の方々の中には、前医に誤診された!と思ってしまい、前医を能力の低いヤブだと安易に批判しがちな人もいるようだ。

「誤診 盲腸 ブログ」でネットサーチにかけるとそういったブログに出会うことができる。 あえて、ここでは、そのURLを引用することまではしないが・・・・。

虫垂炎に関して、医療者側(特に初療医)の立場から、
一般の方々に言いたいこと。

・虫垂炎の診断は、 時に大変難しい場合があるということ
・虫垂炎の診断は、 時間的経過の中で総合判断する場合があること
・虫垂炎の診断は、 開腹して初めて決着がつく場合があること
・小児、妊婦、高齢者 の腹痛の場合は、さらにその診断が困難になりうること

要するに、簡単に診断できる場合から診断が困難な場合まで、さまざまなのです。
医療者は、個人に起因するばらつきによる診療の不確定性を身にしみて感じています。

この診断の不確定性は、確率という問題にも置き換えて考えることもできるのです。
(関連エントリー → 診断とは確率にすぎない

だから、安易な後出しじゃんけん的な批判に、烈火のごとく反論する場合があるのです。

医療をうける側が、医療者を誤診として糾弾してやろうと思う場合、 

・患者側は、常に名医の立場(つまり後医の立場)からの視点しかないということ
・その視点から、過去を評価する場合、後知恵バイアスという人間の認知バイアスがどうしても入るということ

(関連エントリー → 本当に腸炎でいいですか

こういう点を十分に考慮の上、それでもやっぱりこれはおかしいという場合のみ、批判をしてください。

実際の症例です。  参考エントリー → 意外な虫垂炎

さらに、こんな例もありました。

25歳 女性  発熱、腹痛、下痢

3日前、39度の発熱あり。2日前、腹痛と水様性下痢あり。 本日になっても腹痛が続くため来院。 体温38.3度。腹部は全体的に圧痛があるが、右下腹部に限局性なし。リバウンドはない。 WBC 18000 CRP 9.4 。

私は、腹部の所見と発熱の経過、採血のデータから、 細菌性腸炎を最も疑い、翌朝の便培養などの段取りをとり入院させた。 翌朝、主治医を任命された医師は、念のためにという気持ちでCTをとった。 なんと、CTをとれば容易に分かる急性虫垂炎だった。すぐに外科に転科となり緊急手術となった。

入院の時点の説明で、診断の不確実性と限界については説明とカルテ記載もあるため、誤診と責められはしなかったが、腸炎と断定して帰宅させていれば、誤診のそしりを受ける可能性は十分にあった。あのお腹の所見とCTの画像所見と採血データから、急性虫垂炎とは今でも私は納得がいかない。

35歳 女性 心窩部痛+左側腹部痛 発熱なし

朝4時ごろ発症の心窩部痛+左側腹部痛で救急車来院。 体温36.2。 心窩部に圧痛あり。リバウンドなし。右下腹部に所見なし。左背部巧打痛あり。 

snap diagnosisは尿路結石。 当然エコー、検尿で見るが、どうもちがう???
採血はWBC12000、CRP 0.0。 朝8時、様子観察で帰宅かなあと思っていた。 日勤の医師に、帰宅でいけそうですと申し送りした。 引継ぎをうけた医師は、他に患者もおらず、余裕のある状況であったので、腹エコーをやり初めた。
なんと、径12mmの腫大した虫垂が見つかった。そこをプローブで抑えても、軽く痛いというのみ。 CTを追加した。腹水を中等量ともなう急性虫垂炎でった。 そのまま緊急手術。

引継ぎがなければ、私は100%帰宅させていた患者がこの結果です。 私は、虫垂炎の診断は、正確には数えたことはありませんが、100例以上は見ていると思います。その経験でみてもこの有様です。

16歳女性  右下腹部痛

右下腹部痛でリバウンドあり。痛みも限局している。WBC 7600 CRP 1.0。 体温36.8。 だれもが虫垂炎から考える腹部所見であった。 エコーをした。よくわからない。これ自体はよくあることで検査者の技術とはかぎらない。CTをとった。なんと、これでもよくわかない。 外科部長と放射科部長も悩んだ・・・・。結局開腹した。虫垂炎ではなかった。卵巣出血だった・・・・

つまり、盲腸の診断は、簡単でないのです。

だから、安易に誤診、誤診と大騒ぎしてほしくないのです。 
一般の方々にこういう医師の現場の苦労が少しでも伝われば幸いです。

そして、医療者側は、その不確実性を堂々と自信をもって患者側に伝えることも大事かもしれない。

本日の教訓
虫垂炎の診断は、時に医師の目をあざむくことがある


コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 14

コメントの受付は締め切りました
内科勤務医です。   

昔から 消化器外科は アッペに始まり アッペに終わる、
虫垂炎に始まり 虫垂炎に終わる とも言われていますね。
虫垂炎が 確実に誤診なく 百パーセント診断できたら 消化器外科をきわめたことにもなるということだと思います。

自分は ある意味で 誤診ばかりの内科医なのですが、
エコーやCTもやってみて どうも虫垂炎ではないかと思ったのですが、
憩室炎ではないか ということで 手術に至らなかった患者さんも います。
by 内科勤務医です。    (2007-07-23 21:23) 

moto

なんちゃって救急医先生のおっしゃりたいことはとてもよくわかるし正しいと思いますが、その論を、そのまんま額面通りに患者に説明しても、納得してもらえにくいような気がしますね。
マスコミや法曹関係者に、診断とはそういうものなんだ、と訴えるには、よい論だと思います。
患者向けには・・「人体とは本当に神秘的で不思議なもので、診断という人知の及ばない結果に至ることも、残念ながらあるんですよ。わたしたち医者は全力を尽くすんですけどね」って感じのほうが受け入れられやすいかな?
言ってる内容は同じようなことなんですけどね。リテラシーというよりレトリックの問題でしょうか。
by moto (2007-07-23 22:50) 

moto

ああそうだ、エントリーに関連して、ここを読んでいる一般のかたに、是非おぼえておいてほしい、医者仲間での常識があります。
前医の名を挙げて、あからさまに批判してやってくる患者に対しては、医者は、たとえその患者が、どんなに自分を褒め称えたり信頼しているようなことを言ってきても、やや冷たい目で見てしまいます。
なぜなら、そういう患者は、自分のところから離れたら、ほかで自分の悪口を言う可能性が高いですからね。
医者に気に入られようと思ったら、前医の悪口を絶対に言わないこと、これ、とても大切ですよ。
by moto (2007-07-23 23:08) 

単純内科医

いつも大変興味深く読ませていただいております。虫垂炎では何度も痛い目にあいました。左下腹部の軽い痛みと便秘(毎日出ていたが昨日から出ていない)でこられた方がいます。今から飛行機で東北地方に帰る(出張で関西に来ていた方)ので痛み止めを欲しいのが希望での来院。腹部に圧痛なく、体温も36.7度 軽い嘔気があるとのことでイレウス?っと思い、腹部XPだけでもとってから飛行機に乗りなさいと説得して、病院へ紹介しました。2時間後に病院から返事があり、虫垂炎の腹膜炎疑いで緊急手術です。(病院到着時に右下腹の痛みがかなり強くなっていたそうです)腹膜炎も併発って参りました 最初から虫垂炎も鑑別の中に入れて診察をしていて、それでも見つけられなかったのが。幸いにもその患者さんには飛行機に乗らないように助言したことを感謝されましたが。虫垂炎の怖さを思い知らされました。
by 単純内科医 (2007-07-24 07:37) 

元なんちゃって救急医

>内科勤務医です様
憩室炎と時に悩ましい場合もありますね。CTは頼りになります。

>moto 様
相手への伝え方という点においては、それなりのテクニックが必要ですね。そういう意味で先生のご指摘に同意です。

>単純内科医様
コメントありがとうございますj。多くの医師が虫垂炎にこうも悩んでいるんだということを分かってもらいたいですね。
by 元なんちゃって救急医 (2007-07-24 19:47) 

マンゴー

はじめまして。18歳の時、夕方急に胃が痛くなり、家で横になっていたら、おへそのまわり→下腹部と痛くなって、トイレにかけこんでも、何もでないので、変だと思って、病院へ行きました。ところが、血液検査しても、白血球?が高くないし、と言われて、帰されてしまい、しょうがないので、家で寝ていたら、もう転げ回るほど痛くて、また別の病院へ時間外で行って、やっと虫垂炎かもということで、緊急手術になったことがあります。
検査するタイミングとかで、こんなに違うんですね。胃が痛くなって虫垂炎とは、思ってもみなかったです。当時、緊急手術に駆けつけてくれた医師に感謝。
by マンゴー (2007-07-25 19:37) 

元なんちゃって救急医

>マンゴー様

こういう認識をもっていただけて何よりです。虫垂炎を適切に治療してもらえてよかったですね。
by 元なんちゃって救急医 (2007-07-26 07:10) 

たて

はじめまして。
1日目  旦那が胃が痛いと会社から帰ってきて。夕方に近くの大きめの病院へ。薬をもらって、胃が荒れているのだろうという診断
同じ日の夜九時に、あまりにも痛いので、その病院が救急指定だったこともあったので、行ったら点滴のみ自宅へ帰宅。
二日目  痛さのあまり病院にいけず・・・
三日目  朝方四時ごろ今度は、下半身痛みが強く痛くなってきたので、病院に・・・熱もこの時点で、39度4分なのにまたまた点滴のみで終了。このとき私は、子供がいてたので一人で病院に行ってたのに、自宅に帰された。
その日の朝9時に、あらためてあまりにもひどいので、私と一緒に病院へ、39度以上の状態が、続いていたので、点滴室で、寝かせてもらって、診察の順番を待っていて、診察して点滴と採決、インフルエンザの検査で帰されそうだったけど・・・何回も来るの大変でしょうということで、入院・・・
いろんな検査して
取り合えず炎症ひどいので、入院   入院してすぐ看護士さんがすごいお腹の張ってますね=  私が、入院準備してる間に、CTとったみたいで・・・
私に、電話すぐにきてくださいとのこと虫垂炎が進行しててすぐに緊急手術が必要で、この病院では、手術できないとのこと・・・救急車で搬送
盲腸がやぶれて汚物がお腹の中に・・・それで、熱が
もっと早くに診断してくれてたら・・・
夜中くるしんでいるのに点滴だけってどうなんですか???
これって、誤診??あまりにも遅くないですか入院するまでわからないって・・   まず、お腹痛いのに虫垂炎って疑うことは、なかったのか???
誰か教えてください  これが誤診か
by たて (2007-12-14 20:12) 

元なんちゃって救急医

>たて様

いろいろと大変な思いをされたようです。お気持ちをお察しします。
申し訳ございませんが、お問い合わせの内容には回答しかねます。
ネットコミュニケーションの限界だとご理解いただければと思います。
by 元なんちゃって救急医 (2007-12-14 23:03) 

moto

>たて様
御主人が退院されたら、元の病院に、「虫垂炎を見つけて、手術のできる病院に転送手配してくださって、ありがとうございました。おかげで、主人は命が助かりました。本当にありがとうございました。」って、お礼に行ってくださいね。
その一言が、どんなに、元の病院の先生や看護師さんのが、また、明日からも、頑張って診療しよう、もう少しだけ、患者さんのために、尽くしてみよう働いてみよう、という気持ちにつながることか。。。
by moto (2007-12-15 00:13) 

なんちゃって救急医

>寝っ子様

個人的な内容を含むコメントですので公開は控えさせていただきます。ネット上でご相談されたいというお気持ちはお察ししますが、やはり私としては回答しかねます。申し訳ございません。ネットコミュニケーションの限界だとご理解いただければと思います。
by なんちゃって救急医 (2008-09-06 21:45) 

しょー助

先週末に子供が虫垂炎になりました。金曜に嘔吐と腹痛があり開業医に連れて行ったところ、お腹にくる風邪とのこと。安心していたのですが日曜に右下腹部が痛いと言い出し、このページを見るとまさに教科書どうりの虫垂炎(らしい)。日曜日でしたが急患で即入院となりました。
今は手術も無事終わり、笑うと痛い回復期になっています。
このブログを愛読していたために適切な判断が出来た事、感謝します。
そして、必要な医療を受けられることがとてもありがたいことだと実感しています。
今、医療現場での問題のひとつであるコンビニ受診ですが、患者は時間外受診について判断が難しいのだということも感じました。
このブログを参考にして判断している方も多いと思います。
勝手ながら、これからもこのブログが続いていくことを期待しています。
なんちゃって救急医さま、ありがとうございました。

by しょー助 (2008-10-31 11:23) 

ちな

二日前、嘔吐下痢症で休んでいた職場のスタッフが、実は盲腸だったとのことで、手術、今は集中治療室にいて、家族以外は面会謝絶らしいのです。
それを聞いて、誤診されたのかなぁ?
盲腸ってどんなだろう?
回復するのだろうか、と気になってネット検索をしていてこちらにたどり着きました。

盲腸とはたかが、といえど、意外に難しい病気なのですね。
色々考えさせられました。
お医者さまも大変ですね。

今は、入院している職場のスタッフが一日も早く回復することを祈るのみです。

お邪魔致しました。
by ちな (2008-12-02 21:16) 

なつ

腹痛の原因がわからず、検索していたところ、こちらにたどり着きました。
熱もなく、歩くと響くような下腹部の痛み。押すと痛い鈍痛。
昨日、今日と産婦人科を受診しても、原因が分からず..

痛み止めをもらって、あの腰を屈めたくなるような今朝の痛みより落ち着いています。
土曜日ともあり、痛み止めで月曜日まで我慢してくださいとの事でした。
月曜日に、総合病院を受診してみます。

by なつ (2010-10-02 17:51) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。